• Facebook - White Circle

© 2012–2018 reform.connnexio.com All rights reserved.

コネクシオホームとは

リフォーム

新築

その他

神戸を中心に新築・リフォーム業行うプロ集団です。家族を幸せにする新築と住まいのかかりつけ工務店であるリフォームに自信があります。神戸のリフォーム・新築のことならコネクシオホームにお任せください。

対応エリア

神戸市・姫路市・尼崎市・明石市・西宮市・州本市・芦屋市・伊丹市・相生市・豊岡市・

加古川市・赤穂市・西脇市・宝塚市・三木市・高砂市・川西市・小野市・三田市・加西市・

​篠山市・養父市・丹波市・南あわじ市・朝来市・淡路市・宍栗市・たつの市・加東市

キッチンリフォームで気になるのはやはり収納ですよね。使っていない電気家電がある。キッチンがものであふれている。どこから片付けたらいいかわからない、ということはありませんか?これらの悩みは、計画の際の小さな工夫で解決できます。暮らしに差が付く、押さえておきたい5つのポイントをご紹介します。

ポイント1 キッチンの食品庫は大きめにリフォームする

キッチンの収納リフォーム、1つめのポイントは「食品庫は大きめにリフォームする」です。昔に比べて保存食品や調味料の種類は格段に増えています。各国のスパイスを始め、レトルト食品、乾物、缶詰、瓶詰め、お米、水、ジュースなど数え切れないほどの食品をストックしている人も多いことでしょう。

災害時の備蓄品を含めれば、ストック食品はかなりの量になりますので、キッチンセットについている食品庫スペースだけでは入りきらないこともあります。せっかくリフォームをしたのに入りきらず、また新たに食品用の収納ボックスを買い足したケースもあります。プランを考える際は、我が家の食品量を確認し、全て一か所にまとめて収納できるよう、少し大きめを意識して計画しましょう。

ポイント2 調理家電を使うかは出しやすさと直しやすさできまる。

キッチンの収納リフォーム、2つめのポイントは「調理家電を使うかは出しやすさと直しやすさできまる」です。

炊飯器、電子レンジ、フードプロセッサー、コーヒーメーカー、ミルミキサー、ホットサンドトースター、ホームベーカリー、ハンドミキサー、ブレンダー、たこ焼き器、ワッフルトースターなどなど。皆さんの家にも、最低5個以上はあるのではないかと思います。

しかしそれらを全部使いこなせているかと言えば、しまい込んだまま忘れている人も多いのではないでしょうか。その原因は、収納にあります。取り出すのが面倒。ということで代用品を使ったり、逆に直すのが面倒。ということで調理家電が出っぱなしでキッチンがゴチャゴチャとしていませんか。

調理家電は適切に使ってこと価値があります。使いこなすための最初の一歩は、出し入れのハードルを下げることです。お勧めは壁面収納を設置して、そこにずらりと並べておくこと。すぐ目について、パッと手に取ることができれば、使用頻度は格段に上がります。そして、収納も簡単なので、調理家電でキッチンの上がいっぱいということもありません。

ポイント3 キッチン内の動線を考える

 

キッチン収納のコツは、キッチンを使っている時に最も便利になるようにすることです。意識するポイントは、「モノの移動を最小限にする配置」と「収納スペースの使いやすさ」になります。

言い換えると、キッチンで利用するモノの移動が最小限になるように配置することと、収納スペースや活用スペースをしっかりと分けて利用することです。これらを順に説明させていただきます。

キッチン収納のコツ1.よく利用するモノは目から腰の高さの範囲におく

目の高さから腰の位置だと手が届きやすく、効率よく料理をすることが出来ます。毎日使う調味料や計量カップ、包丁、まな板類は、利用しやすい位置に置くようにしましょう。

キッチン収納のコツ2.使うものと使う場所を近づけて配置する

キッチン用品は使う場所を考えて配置する場所を決めましょう。一般的な例としては以下のようになります。

シンク下:鍋、ボウル、やかん、
コンロ付近:フライパン、油、おたま、

キッチン収納のコツ3.配置を決めたらしっかりと守る

置く位置をきめたらば、決まった位置に収納するようにしましょう。決まった位置に片づけることで探す手間がなくなり、使い勝手も非常に良くなります。

キッチン収納のコツ4.調理台にはものを置かずに広々と使う

調理をする際に最も利用するスペースなので、余分なものを置かずに広々としたスペースを確保するよう心がけましょう。調理器具は調理台の上におかずに調理台の下の引き出しにしまい、必要な時にすぐ取り出せるようにするとよいでしょう。

キッチン収納のコツ5.収納スペースの中を整理する

限られた収納スペースをより使いやすくすることが大切になります。収納スペースにラックや仕切りを入れて、より分かりやすく使いやすくする工夫が大切になります。

ポイント4 キッチンの引き出し、肝心なのはその中身

キッチンの収納リフォーム、4つめのポイントは「キッチンの引き出し、肝心なのはその中身」です。引き出し式キッチンの登場により、今まで悩みの種だったシンクやコンロ下の収納が、出し入れしやすく、奥まで使いこなせるようになりました。しかしここで注目したいのは、その引き出しの中身、使い勝手です。

ただ引き出しにするだけでは、結局鍋やフライパンが積み上がり、小物はあちこちに散らばってというようなことが起きます。そこで、最新のシステムキッチンは、この引き出しをどう使いこなすか、二段式の引き出しや内ポケットの採用など、各メーカーが競い合って開発を進めています。リフォームの際には、引き出しの使い勝手に注目してみましょう。

ポイント5 キッチンの足元のじゃま物は徹底的に排除する

キッチンの収納リフォーム、5つめのポイントは「キッチンの足元のじゃま物は徹底的に排除する」です。とても素敵にキッチンのリフォームしたのに、ゴミ箱が足に当たってジャマ!冷蔵庫を開けるたびにゴミ箱を足で寄せて、なんてことにならないよう、ゴミ箱置き場を忘れずに確保しておきましょう。

コネクシオホームでは、収納が楽になるキッチンリフォームを

ご提案させていただきます。

​お気軽にお問合せ下さいませ。

キッチンリフォームの際、

​押さえておきたい収納のコツ5カ条