• Facebook - White Circle

© 2012–2018 reform.connnexio.com All rights reserved.

コネクシオホームとは

リフォーム

新築

その他

神戸を中心に新築・リフォーム業行うプロ集団です。家族を幸せにする新築と住まいのかかりつけ工務店であるリフォームに自信があります。神戸のリフォーム・新築のことならコネクシオホームにお任せください。

対応エリア

神戸市・姫路市・尼崎市・明石市・西宮市・州本市・芦屋市・伊丹市・相生市・豊岡市・

加古川市・赤穂市・西脇市・宝塚市・三木市・高砂市・川西市・小野市・三田市・加西市・

​篠山市・養父市・丹波市・南あわじ市・朝来市・淡路市・宍栗市・たつの市・加東市

玄関は家の顔であり、綺麗にしておきたいという方も多いのではないでしょうか?

少し前まで玄関ドアのリフォームは大掛かりな工事が必要でしたが、最近はリフォーム用の玄関ドアが出てきたこともあり、1日で簡単に新しいドアに変えることができるようになりました。そうは言ってもお金の掛かることなので、どれくらいの価格でリフォームが出来るのかは気になるところかと思います。

 

ここでは玄関ドアのリフォーム価格の目安を知っていただき、適切な価格でのリフォームをするための手順をご説明します。

玄関ドアリフォームの基礎知識

 

まずはじめに、玄関リフォームをする上での基礎知識となる用語や考え方について説明します。この基礎知識を押さえたうえで読み進めていただくと理解も深まりますのでしっかりと抑えておいてください。

・「引き戸」と「開き戸」の違いについて

左右に引いて空けるタイプのドアを「引き戸」、右写真のように開いて空けるタイプのドアを「開き戸」と言います。玄関にはこの2種類あります。

・玄関ドアに付随するリフォーム

玄関ドアのリフォームをする際に考えておきたいこととして、「玄関ドアだけ」をリフォームするのか、玄関全体をリフォームするかです。玄関のドアと一緒にリフォームをすることが多い箇所としては、玄関の収納、壁、土間の部分などがあります。リフォーム価格にも関係してきますので、イメージを持っておくとよいでしょう。  

玄関リフォームの価格と費用について

玄関のリフォームは玄関ドアだけを変えるのか、その周辺も含めて変えるのかで価格も大きく異なってきます。それぞれの場合にどれくらいの価格になるのかをご説明します。

・玄関ドアの種類別リフォーム価格について

玄関ドアのリフォーム費用は20万から35万程度がリフォームをする方にとって平均的な価格帯となります。価格の違いを生む大きな要因は、ドアのグレードによる価格差です。断熱性の有無やデザインによって価格は異なってきます。

窓と同様に玄関も空気が出入りする箇所なので、断熱を考えるならば玄関は重要な箇所です。断熱効果を高めたドアは通常よりも5万程度高くなります。

・玄関ドアのリフォーム価格が高額になる場合

玄関ドアのリフォームだけであれば、価格は20万程度から可能です。ただし、次のような場合は高額になりがちなので注意が必要です。

 

・玄関のドア枠のサイズ変更が伴う場合

既存のドアを交換するだけではなく、サイズの異なるドアを取り付けたり、引き戸を開き戸に交換する場合は別途工事費が掛かってきます。

 

・玄関全体のリフォームをする場合

玄関のドアと一緒に収納やタイルまでリフォームをする場合は、リフォーム費用がかさんできます。例えば内壁や天井にまで施工が及ぶかどうかでも金額は変わってきます。リフォーム会社に要望を伝え、そのうえで見積もりを作ってもらうことが大切になります。

玄関ドアの種類について

玄関の扉は開き方によって開き戸(ドア)と引き戸に分かれます。リフォームする前のドアの種類とリフォーム後の種類はリフォームの費用に影響してきますので、しっかりと確認しておきましょう。

・開き戸の種類

開き戸は洋風なイメージのあるものが多く、引き戸に比べると断熱性にも優れています。

また、簡単に取り付けの出来るリフォーム用のドアが出現したことで、以前よりも手軽にリフォームが出来ようになりました。

・片開きドア

集合住宅でよく利用され、狭いスペースにも設置しやすいのが特徴です。

・親子ドア

大きさの異なる扉(親扉と子扉)が向かい合っている形のドアです。子扉は占めていることが多いのですが、大きな荷物を搬入する際は両方の扉を開放して荷物を楽にいれることが出来ます。

​・袖付き開き戸

片開きドアに袖が組み合わさったタイプになります。袖に窓の付いたデザインも多く、光を取り入れることが出来るので、玄関が明るく開放的になるのが特徴です。

・両開きドア

左右に同じ大きさのドアが2枚あるタイプの玄関ドアです。大きなドアになるので、ラグジュアリーな雰囲気になりますが、広い玄関スペースが必要になります。

・引き戸の種類

引き戸は横にスライドさせるので、玄関の外にスペースが無くても広い開口部を得られるメリットがあります。また開け閉めも楽なので、高齢者には好まれます。以前と比べるとメーカーの種類も増え、モダンなデザインのものや、断熱性を高めたものも出てきています。

 

・引き違い扉

2枚の引き戸があり、左右にどちらでも開閉することができるタイプになります。一般的な住宅でよく見かけるタイプの扉です。

 

・片引き扉

1枚の戸を左右に滑らせて開閉するタイプの扉で、開けた時に邪魔にならずすっきりとした印象になります。最近はモダンなデザインの商品が多くみられるようになりました。

・両引込み扉

扉自体を左右の壁側に引き込むタイプになります。玄関の開閉口を広く使うことが出来ます。

玄関ドアを選ぶ際のポイント

 

玄関ドアのリフォームで最も大切なことは、交換する玄関のドア自体を何にするか決めることです。

ここでは玄関ドアを選ぶ際のポイントをお伝えします。

 

・ドアの種類やデザイン

ドアを選ぶ際は開き戸、引き戸といった種類の選択と、色や形などのデザインの選択が必要です。ドアの種類を現在のドアから変えるのであれば、変更が可能な間取りなのか、しっかりと確認する必要があります。また変更が可能だとしても、費用的には割高になることは覚えておいたほうがよいでしょう。 そしてデザインについては、家全体のイメージに影響を与えるので、全体のバランスを考えて選択しましょう。最近は色や形も豊富なので、カタログを取り寄せて好みのデザインを選ぶとよいでしょう。

・玄関ドアの防犯性

デザインの次に考えるポイントは防犯対策についてです。戸建ての場合は特に注意が必要です。新しいタイプのドアは防犯性の高いものが多くなっていて、ワンドア・ツーロックは基本となっています。また鍵自体も防犯性の高い「ディンプルキー」や「ウェーブキー」などが主流になっています。防犯性をさらに高めたい場合は、リモコンで外から開閉できる電気錠システムなどを採用すれば、安全性がさらに高まります。

・断熱性

玄関ドアを選ぶ際には断熱性も忘れずに検討する必要があります。断熱性がない玄関ドアでは寒さがそのまま家の中に入ってきたり、家全体の暖かさが玄関ドアから逃げて行ったりしてしまいます。家全体の断熱性を考えた場合は、玄関は最も重要な場所になるので、デザインだけで選んでしまわないよう注意する必要があります。  

 

コネクシオホームは玄関ドア工事もやっております。

​お気軽にご相談くださいませ。

​玄関ドアの種類と選び方