• Facebook - White Circle

© 2012–2018 reform.connnexio.com All rights reserved.

コネクシオホームとは

リフォーム

新築

その他

神戸を中心に新築・リフォーム業行うプロ集団です。家族を幸せにする新築と住まいのかかりつけ工務店であるリフォームに自信があります。神戸のリフォーム・新築のことならコネクシオホームにお任せください。

対応エリア

神戸市・姫路市・尼崎市・明石市・西宮市・州本市・芦屋市・伊丹市・相生市・豊岡市・

加古川市・赤穂市・西脇市・宝塚市・三木市・高砂市・川西市・小野市・三田市・加西市・

​篠山市・養父市・丹波市・南あわじ市・朝来市・淡路市・宍栗市・たつの市・加東市

防音リフォームのポイント

生活する上で、音の環境は非常に重要です。車の騒音や隣人のたてる過剰な生活音などは、快適な生活を妨げるだけでなく、ご近所とのトラブルの原因にもなります。住居で快適な生活を送るためには、音を家の外に出さない防音対策、家の中に入れない遮音対策が必要となってきます。音が伝わる経路としては、床・壁・天井・窓・ドアなどがありますが、それぞれに程度に応じた防音、遮音の対策をとることができます。

一般的によく取られる手法としては、窓には内窓を追加したり、ドアは防音ドアに変更されることが多く、床・壁・天井への対策には、遮音シートを貼ることが多いようです。更に防音効果を上げるために、吸音性を持つ素材も併用されることもあります。また、一戸建てであれば外壁に防音の壁材に変えることで、外観を整えるだけでなく、防音効果も同時に期待できます。

防音リフォームで費用を抑えるポイント

防音リフォームは、どのような素材で防音を行うかによって費用が変わってきます。例えば床材の下に遮音マットを敷く場合と、防音カーペットを敷く場合では10倍近い費用の差が発生することもあります。もちろん費用が高いほど防音効果も期待できますので、重要なのは「どのレベルまでの防音を期待するのかを明確にする」ということになります。オーバースペックにならないように、防音不足にならないようにする必要があります。

ピアノなどを設置したときの防音リフォームの場合は、部屋全体を防音化するのではなく、防音ボックスを設置することで、防音費用を半額近くにまで抑えることも可能です。どのような音を外に漏らしたくないのか、もしくはどのような音を外から室内に入れたくないのかによって、最適な防音方法が違ってきます。このため、防音リフォームを行うときには、業者と相談しながら行う必要があります。

ですので、防音リフォームの費用を抑えるためには業者選びも重要になってきます。現状の室内の状態から、どの程度の防音が必要なのかを推定して、最適な防音リフォームを提案してくれる業者を選ぶようにしましょう。業者は複数の業者に見積もりを出してもらい、その過程で業者の応対を確認し、この業者なら任せられると感じた業者に依頼するようにしましょう。

防音リフォームとは

防音リフォームは外から入ってくる音を防ぎ、室内の音を外に漏らさないためのリフォームになります。マンションなどで暮らしている家族で、子どもたちが走り回るような場合は、防音効果のある床に変えることで、近所迷惑にならないようリフォームを行うケースが増えています。
近所の家庭といい関係を築くためにも自分の家からは音を出さず、他の家の音が気にならないように防音するのが防音リフォームになります。

防音リフォームの種類とメリット

防音リフォームには防音する場所によって様々なリフォーム方法があります。ここではそれぞれの特徴やメリットについて紹介します。

床の防音リフォーム
一般的な床の防音リフォームでは、床材に防音効果のある床材を使用します。多くの場合はこれで十分なのですが、不足するような場合は、床材の下に遮音マットを敷いたり、グラスウールを敷いたりすることで、外部への音のほとんどを抑えることができます。手軽に防音を行いたい場合は、防音カーペットを敷くことで、簡易的に防音リフォームをすることができます。

 

壁の防音リフォーム
壁の防音リフォームを行う場合は、壁の中に遮音シートと吸音材を入れることで防音効果を得ることができます。換気口などから音が漏れるようなこともありますので、換気口も防音効果のある換気口に交換します。

 

窓の防音リフォーム
窓には遮音シートや吸音材を使うことはできませんので、防音ガラスの窓に交換したり、内窓をつけたりすることで、音漏れや音の侵入を防ぐようにします。ピラノの演奏をするようなときに、本格的に音漏れを防ぎたいときは防音ガラスと内窓の二重構造を採用します。また、簡易的に外からの音を防ぎたいようなケースでは、遮音カーテンを利用することで、外からの音の侵入を少しだけ緩和することができます。

窓の防音リフォーム

防音室リフォーム より防音にこだわりたい場合は防音室の設置を行います。費用が数百万円かかるため、一般の家庭ではあまり行われないリフォームになります。

防音リフォームを選ぶポイントと注意点

防音リフォームは決して安くありませんので、とにかく安い見積もりを提示してくれる業者に依頼したくなりますが、その結果として安い素材で防音リフォームをされてしまい、期待するだけの防音効果が得られないことがあります。
値引き交渉をした場合も、よりやすい素材に変更されてしまう可能性もあります。あくまでも防音することが重要ですので、あまり安すぎる業者は避けるようにしてください。

神戸の防音リフォームといえば、

​コネクシオホームへお気軽にお問合せください。

防音リフォームのポイント