床暖房って、必要?

 

新築やリフォームをする際に床暖房をつけるか迷っている人が多いのではないでしょうか?

憧れの床暖房、お金持ちの家には床暖房、そんな高級なイメージをお持ちの方も多いですよね。

実際のところはどうなのか、床暖房のメリット、デメリットをエアコンと比較してみていきます。自分の家庭や生活スタイルに合っているのか考えてみましょう。

 

メリット

・音がなく静かに暖まる

・メンテナンスが簡単

・場所を取らない

・乾燥しにくい

・効率よく部屋が均一に暖まる

・暖かさが持続する

・空気を汚さない

・耐用年数が長い

・風がないのでほこりが舞わない

 

デメリット

・初期費用がかかる

・光熱費が高い

・暖まるまでに時間がかかる

・メンテナンス費用がかかることがある

 

床暖房は大きく分けると温水式(ガス・灯油)電気式の2種類に分かれます。

 

温水式は、フローリング下に温水パネルを設置する方法です。

ガス・灯油の熱源機を利用して床暖房パネルへ温水を供給し温めます。

温度設定により湯量を調整しながら床温度をうまくコントロールします。

必要以上に温まることもありません。

 

電気式は床暖房パネルに電気で発熱するヒーターを組み込んである形が一般的です。深夜

電気式の場合、熱源機を使わないので設備スペースが不要です。

電気式はさらに細分化すると、3タイプあります。

「蓄熱式」「PTCヒーター式」「電熱線ヒーター式」です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

・蓄電式

 電気代が安くなる深夜の時間帯に電気を蓄えておいて日中に蓄えた電気を使用する方法です。比較的安い深夜電力を利用するため、月々の電気代を抑えることができます。

・PTCヒーター式

 面状かチップ状の熱源が自動で温度調節をしながら暖めてくれます。

部分ごとの温度を自動で察知してくれるので、部屋の床面温度を一定に保てます。

・電熱線ヒーター式

 電熱線が張られたパネル状のヒーターを敷くだけの簡単な構造です。

比較的施工も楽にできるので、他のものより初期費用が抑えられます。

 

温水式は床全体を均一に暖めてくれるのに対し、電気式は結合部分にあたる床面が暖まらないため部分的に冷たい箇所が発生したり、同じ個所に触れ続けているとその部分が高熱になったりする可能性があります。

電気式の初期費用は約60万円、ランニングコストは約13000円に対し、

温水式は約80万円、ランニングコストは約8000円です。

初期費用は温水式の方が複雑な構造のため、高額になります。

ランニングコスト(毎月の光熱費)は温水式の方が安い傾向にありますが定期的に不凍液の入替が必要となるため、メンテナンス費用がかかります。

 

このような特徴から、それぞれの適した使用場所や商品を見ていきましょう。

 

まず、温水式はランニングコストが安い面から、リビングなどの広い範囲や長時間使う場所にオススメです。

床暖房システム:温水床暖房 フリーほっと温水W /Panasonic

 

幅広いプランに対応できる仕上げ材分離型。

床暖房パネル間の配管は、下地合板の上で接続するので、2階や床下スペースの少ない1階にも設置が可能です。

温水パイプにU字アルミを設置し、放熱効率を高めました。

パネルのサイズは、15サイズ×6タイプの90種類で様々な形状のプランが可能です。

組み合わせ次第で、L字プランも可能になります。

こちらの商品は好みの仕上げ材を選ぶことができるのも魅力の一つです。

さらに、効率的に温水を作るヒートポンプ式温水暖房機、昼間の約1/3もお得な夜間電力を使用する床暖房機能付エコキュートと接続可能です。

 

参考資料:Panasonic

対して、電気式は設置費用が安く抑えられるがランニングコストが高いので、キッチンのシンク前や、ベッドやソファーの足元などの部分暖房や使用時間の短い場所におすすめです。

 

床暖房システム:電気床暖房YOUホット /Panasonic

 

 

こちらは、仕上げ材一体型で施工が比較的簡単なため、リフォームにおすすめの商品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発電を自分で抑制するPTCヒーターを採用、床温度は常に一定、無駄なエネルギーを使いません。

仕上げ材も決まってはいますが、4商品29色から選択可能なので、一体型でも自分のイメージや既設のものとのバランスもとりやすいです。

参考資料:Panasonic

 

床暖房は、設置費用はかかりますが、メリットも多く快適な暖房機器です。

人気設備の上位に入る床暖房ですが、その反面、必要なかった、つけて後悔した、結局使わなくなったという意見の人が多いのも事実です。

デメリットである初期費用やランニングコスト、メンテナンスの大変さが原因の一つでしょう。

自分の家に本当に床暖房が必要か不必要かを、メリット・デメリットをしっかり理解した上で決めましょう。

ライフスタイルや使用範囲、経済面も考慮し、自分や家族の生活に合わせた床暖房をえらび、心地よく寒い冬を乗り切りましょう。

 

しっかり担当スタッフに要望を伝え、信頼できるアドバイスをしてもらいたいですね。

 

神戸でリフォームするならコネクシオホーム。

期待を超え、感動を届けるリフォームを。

キッチンリフォームや室内の模様替え、塗装などコネクシオホームは3,000件以上の実績があるリフォーム・新築を行うプロの集団です。

 

まずはお気軽にお問合せ下さい。

コネクシオホームとは

リフォーム

対応エリア

新築

その他

神戸市・姫路市・尼崎市・明石市・西宮市・州本市・芦屋市・伊丹市・相生市・豊岡市・

加古川市・赤穂市・西脇市・宝塚市・三木市・高砂市・川西市・小野市・三田市・加西市・

​篠山市・養父市・丹波市・南あわじ市・朝来市・淡路市・宍栗市・たつの市・加東市

  • Facebook - White Circle

© 2012–2018 reform.connnexio.com All rights reserved.

神戸を中心に新築・リフォーム業行うプロ集団です。家族を幸せにする新築と住まいのかかりつけ工務店であるリフォームに自信があります。神戸のリフォーム・新築のことならコネクシオホームにお任せください。