予算オーバーしたらどうする?


「リフォームの見積りを出してもらったら、予算オーバーになってしまった」と

いうことはありませんか?。実は以外に多くあります。

では、予算がオーバーした場合はどうすればいいでしょうか?

リフォーム費用の予算オーバーは意外に多い?!

「思い描いたリフォームを実現するためにプランを立てて、リフォーム会社に見積りを出してもらったら、予想していたより高かった・・・」「見積りの段階で予算を大幅に上回って、びっくり!」という方は少なくありません。

予算オーバーを防ぐためには

なぜ、見積りの段階ですでに予算オーバーしてしまうのでしょう? 原因は、見積り内容により様々ですが、主に以下のようなことが考えられます。

  • リフォームのプランニング段階で、希望を盛り込みすぎている リフォーム会社とのプランニングで「あの場所にこれも付けたい」「この部分はこの機能も増やしたい」と、当初考えていたリフォーム内容より希望が増えたことによって、費用も増えてしまったパターンです。 「リフォーム会社と話しているうちに、イメージがどんどん膨らんでしまって・・・」という方は、どこまでリフォームが必要なのかを改めて考えてみましょう。

  • 建築用資材のグレードが高い 建築用資材は、グレードやサイズによって価格に大きな差があります。 質がよいものを見ると「こっちのほうがいいかも!」と感じてしまいがちですが、希望しているリフォームに本当に必要かどうかよく考えましょう。 例えば、壁紙をデザイナーズブランドの最新版ではなく、無地のシンプルなものにするだけでも費用は大きく変わります。

  • 追加費用を入れていなかった 表面的にリフォームすればよい物件と、老朽化していて土台から修繕が必要な物件とでは、追加費用の有無が異なります。 年数の経った物件のリフォームを検討していて、見積りを出してもらったあとに、追加費用が発生することに気づくパターンは多く見られます。​

コストダウンすれば、それで解決?

予算オーバーをしてしまった場合の解決方法としては、まずリフォーム会社にコストダウンの提案をしてもらうようにしましょう。

その際、改めてリフォームの目的や優先順位をリフォーム会社に伝えることが大切です。

リフォームの目的や優先順位の考え方について、一例を紹介します。

  • リフォーム内容にメリハリをつける 「優先順位の高い所には希望通りの建材を使い、その他はグレードダウンする」というように、メリハリをつけてみましょう。 例えば「人を呼べる家にしたい!」という目的でリフォームをするのであれば、「来客がゆっくりするリビングには美しい建材を使い、通りすぎるだけの廊下にはグレードを下げた建材を使う」という方法です。

  • リフォームする場所を再考する 老朽化によるリフォームの場合、緊急でリフォームしなければならない場所だけに絞り、緊急性の低い場所についてはリフォーム時期を再検討してみましょう。 例えば「キッチンとお風呂は今すぐにリフォームが必要だけれど、ベランダのリフォームは今でなくても問題ない」という場合は、「今回は水まわりのリフォームだけにしよう!」とするのも手です。 しかしその際は、優先度を下げた箇所の耐久年数があとどれくらいか、きちんと確認しておきましょう。 リフォームの見積り額が予算をオーバーしたときは、費用だけではなく本来のリフォームの目的に立ち返ってみることが大切です。 「リフォームで何を叶えたいか」を家族でもう一度確認し合い、納得のいく費用で満足度の高いリフォームを実現させましょう。